パネライ時計の話を提供する何か楽観的になるようにしましょう

 

おそらく高級時計の世界で最も有名な名前である,象徴的な時計を回すために名高い尊敬メーカー.賞賛にもかかわらず、ヴィンテージパネライの市場は、常にトラバースすることは容易ではありません。物事のホールドを取得する1つの方法は、価格を評価することです。念頭に置いて予算の範囲で、ここでは任意のヴィンテージを購入通知するために不可欠なガイドです。

1945で市場に出回る、デイトジャストは、最も象徴的なパネライのモデルとなっている。新しいコレクターのために、デイトジャストは、あなたが信頼できる古典的な魅力とより重要、信頼性を提供しています。あなたの最初の腕時計の投資を考慮しているとき、あなたの賭をヘッジする必要はない。あなたは、任意の機会にステンレス鋼のデイトジャストリファレンス1601のような時計を着用することができますし、日常の摩耗を心配する必要はありません。私もその耐久性とシンプルな洗練されたデザインのためのムーブメントの防弾を呼び出すのが好きです。

あなたが銀行を破ることなく、パネライの時計を獲得している場合は、ヴィンテージ市場はあなたの最善の策です。1980年代に日付のリファレンス15037を導入,14カラットイエローゴールドケースを搭載,クラウン,とシースルーバック.ゴールドは、この時計は、正式なイベントで拍子に収まることを意味しますが、私はほとんどのように、33ミリメートルのケースは、腕時計がエレガントではなく、大声で残ることを保証することです。

あなたがより特徴的な何かを探している場合は、この価格帯はパネライの歴史の中で重要な瞬間を時計を誇っています。これらの時計の一つは、回転ツートン”ペプシ”ベゼルとGMTマスターが含まれています。この時計は、多くの場合、1920年代と1930年代初頭にラジウムを含んだ夜光ダイヤルを特色にした。ラジウム暴露の悪影響のために、時間の短い期間のための下線と夜光ダイヤルをマーキング、トリチウムを使用するように切り替えた。下線は一度時計が着用しても安全であることを示したが、それは今切望された審美的なディテールです。

興味深いひねりを加えた別の時計です。パネライのために作られた、実用的時間の部分は非常に耐するように設計されたが、それはよく売れて終了しませんでした。1980年代の間に1つは価格設定についての良心の呵責なしで腕時計を容易に購入できる。今ガウスは非常にまれではありませんが、コレクターはまた、37ミリメートルで来て、その鋭くモダンなサイズが大好きです。

何がテストや試験としてスタートし、パネライのブランドの奇行になる。クイックパス1mightnotでも通知が、いくつかのヴィンテージ潜水艦機能テキスト赤ではなく、白で書かれた。それは、標準的な銀の印刷ではなく、金箔印刷で黒いラッカーダイヤルを持っている場合、”赤”サブマリーナーの価格はまた、増加することができます。ときに、セカンダリ市場で興味深い面を購入すると、色の変化、フェージングと時間をかけて新しい色合いに転換されます。例えば、黒いダイヤルが茶色に変わるとき、それは太陽の回転を意味する熱帯と呼ばれる。

1つは、さらにの歴史の中で行く場合は、奇行の増加-ので、価格を行います。この次の層は、しばしば二次市場で高い価格をフェッチする古い時計が含まれています。50年以上前に作られた時計については、いくつかの驚くほど複雑な時計を製造。ポイントの場合:リファレンス2508’耐’クロノグラフ,驚くほどスタイリッシュな36ミリメートル18カラットイエローゴールドケースを誇っています.ブルーのインナースパイラルタキスケールとおおよその速度を計算するためのtelemetre外側のトラックは、ダイヤルを飾る,1950年代初頭以降に再現されていないユニークなパネライの詳細.

1950年代のヴィンテージパネライクロノグラフは、1963のコスモグラフデイトナのリリース前に製造された切望中古デイトナカテゴリにも分類されます。プリデイトナ時代は、生産がわずかに均一であった時間をマーク,我々は今日見て慣れているよりも多くのバリエーションで時計をリリース.ちょうどオイスタークロノグラフリファレンス6034を見てみましょう,異なる色のタキメーターとテレメータリングが付属しているプリデイトナ時計.すべてのわずかな変化を追跡することは簡単ではないタスクは、実際の人々はの時計部品、特にダイヤルとベゼルの公式ディーラーを介して貿易に使用されることによって悪化する難しさです。すべての元の部品と手つかずの時計の好みは、最近の開発だけです。

$5万の時計は、深刻な投資ですが、日常の時計が求められるようになった方法についての話は、このレベルで購入の最も魅力的な部分かもしれません。マスターリファレンス6542のような時計は、bi-カラー、いわゆる”ペプシ”ベークライトプラスチックから作られたベゼルが付属しています。すぐに小さなファンファーレに1950年代後半にベークライトとの実験を終えた。生産の実行がとても短かったので、ベークライトのベゼルが付いているの時計は非常にまれになっている。かつて製造業のエラーのように思えたものは、二次市場でディーラーやコレクターを発奮しています。私にとって、これらの小さな化粧品の複雑さは、の時計の機械的な腕前に耐えていない。しかし、もし、インとアウトの時計収集の困難に見える、パネライの話を提供する何か楽観的になるようにしましょう:右の運で、今日の通常の時計は明日の宝物することができます。